学び方

通信教育は「受講料が高いから良い講座」ではない?

2015年8月4日

日商簿記の学習方法は、大きく分けると、「独学」(市販の書籍を買って自分で学習する)、「通学」(専門学校に通って学習する)、「通信教育」(専門学校から教材が届く)、の3タイプがあります。

ここでは「通信教育」についてお話します。

勉強期間は「2カ月」

簿記3級の合格に必要な、学習期間は標準2カ月です。通信教育は、送られてきたテキスト、問題集、DVD、CDをやればいいので、独学のように、勉強期間に個人差が出ることはありません。

そういった意味では、予定が立てやすい学習法です。費用は1万円から3万円と、独学よりちょっと高めです。

教材も勉強スケジュールも「おまかせ」

自分で教材を選ぶ必要はなく、スケジュールもカリキュラムに従うだけ。受験情報も自動的に送られてくるので、独学よりも時間のロスは少なくなります。ただ、いろいろな通信教育があるので、選び方を誤ると、前途多難な道を歩むことになります。

通信教育のかしこい選び方

通信教育を選ぶときのポイントは、

・講義CDやDVDがついている
・質問へのフォロー体制が整っている
・テストや模擬試験がある
・受講料は3万円以下

何かで聞いたのですが「受講料が高いから、良い講座」ってわけではないそうです。

通信教育にかかる費用は、どこもほとんど同じで、要はその学校の経営方針で、安くて良い教育をしたいか、高くして利益率をあげたいかの違いなんだとか。あと、宣伝費にお金をさいていれば、それも講座費に上乗せされます。受講する前に「無料サンプル」を取り寄せて、安くていい学校を見つけるのが一番いいと思います。

通信教育のワナ

通信教育は、効率的な教材を使い自分のペースで勉強ができる点が、魅力です。

でもデメリットもあります。それは

・その場で質問ができない
・挫折する可能性がある
・モチベーションの維持が難しい

質問へのフォロー体制や、教材のわかりやすさ、カリキュラムが自分に合っているかなどをWEBサイトや「無料サンプル」でしっかり確認しましょう。

通信教育なら、2級と3級のW合格が可能

これは、私が実際にやった方法です。だから、ちょっとひいき目になっちゃうのですが……(苦笑)。

最初は、独学で3級だけの勉強していたものの、せっかちな性格なので「2級もまとめてやっちゃえ!」と、2、3級の通信講座をセットで受講しました。金額は3万5,000円ぐらいだったと思います。3カ月で2級と3級に合格できたので、「一刻も早く就職を有利にしたい!」という方にオススメかな。

独学に向くタイプ

時間に余裕が泣く、意志の強い人
残業が多い会社員

独学に向かないタイプ

時間があまりなく、意志が弱い人

通信講座ランキングはこちら

forsight